【実録】外国人の口座開設は拒否される?!

外国人の銀行口座開設 帰国後の生活

本帰国してから、日本人である僕はすぐに銀行口座開設を済ませました。

そうでもしないと、公共料金の支払いや給料振込みがされないので生活が成り立ちませんよね。

僕の口座さえあれば、当面の生活に支障はなかったものですから、妻の口座開設は後回し。

ただ、しばらくしてからパートナーである外国人の妻にも必要性がでてきたので、銀行口座開設をすることにしました。

そのときのやり取りを包み隠さずに、今回お話します。

結論から言ってしまうと、本当に外国人の口座開設は拒否されます。

ですが、結果として我が家では銀行口座開設はできました。

今回の記事で参考にできるところは、参考にしていただければ幸いです。

外国人の銀行口座開設にどんな条件があるのか事前確認

まず今回、我が家の状況を簡単に触れると、

  • 本帰国してから日本在住して約1年以上経過
  • 配偶者ビザで在留カード所持
  • 外国人である妻は、日本語が得意ではない
  • 専業主婦

といった感じになっています。

銀行口座開設をしに行ったのは、メガバンクに1つ『三菱UFJ銀行』。

三菱UFJ銀行を選んだ理由は3つ。

  • 1,メガバンクなので外国人の銀行口座開設に慣れていると思ったから
  • 2,以前、海外から送金するときに日本側でお金を受け取る第一銀行と聞いたから。
    (送金手数料を浮かせるため。地方銀行に送金すると、まず第一銀行が手数料を取り、次に地方銀行が手数料を取るから)
  • 3,家の近所にあって近かったから

理由3が主な理由ですけど、漠然と1,2も考えていました。嘘じゃないですよ。笑

まず事前に口座開設に何が必要なのか分からなかったため、二度手間を回避するため、
たまたま平日休みだった僕は一人で銀行に聞き込みへ行ってきました。

外国人の銀行口座開設には印鑑が必要

受付の係員の方に外国人の妻が銀行口座開設したい旨を説明し、
何が必要なのかと聞きました。

返答は、「身分証明と印鑑」とのこと。

印鑑って外人ですが、それでも印鑑用意しないといけないのか問い返すと、
やはり必要だということ。

こちらのハンコ屋でサイズ13.5のカタカナを注文。

なかなか良い仕上がりでしたよ。

銀行受付の方が僕の去り際に「奥様は日本語は?」と聞いてきたので、「大丈夫ですよ!当日僕が通訳するので」と答えながらその場をあとにしました。

まさかこの一言が後々重大な問題になるとは、この時はまったく思ってもいませんでした。

外国人が銀行口座開設を三菱UFJ銀行でするなら日本語必須?!

僕は有給休暇が取れた日を利用して、朝から妻を連れて三菱UFJ銀行に行きました。

幸い平日の朝ということで、まったく混んでなかったのですぐに対応していただきました。

口座開設に必要な身分証、印鑑は準備万端。

担当してくれた優しそうな若い女性の行員さんの話を聞いていきます。

  • どんな目的で口座開設をするのか
  • どのくらい日本に住んでいるのか
  • 身分証明と印鑑はあるのか

そんな行員さんの質問を妻が理解できるように、僕は通訳していきます。

するとそんな状況を見た店員さんが更に質問をします。

女性行員さん

失礼ですが、奥様はどれくらい日本語が理解できますでしょうか?

嘘をついても仕方ないので、正直に妻の日本語レベルを伝えます。

本帰国してから日本語を覚えようと頑張っている妻。

以前より上達したとはいえ、まだまだ日常会話ができるレベルとはいえません。

すると予期せぬ言葉を行員さんは言いました。

女性行員さん

申し訳ありませんが、日本語が理解できないと口座開設はできません

と。

口座開設を拒否する理由は『マネーロンダリングへの恐れ』

海外在住する以前の僕だったら、きっと理由も聞かずに潔く諦めていたと思います。

だって日本の政府機関や銀行って、一度NOと言ったら絶対に方針を変えないじゃないですか?

ところが海外の人たちは、いくら自分たちの言い分が理不尽であろうと思いを伝え、相手の決断を覆させるんですよね。

僕もそんなやり方を段々と教え込まれ、納得のゆくまで問い詰めます。

オト

なぜ妻が日本を理解できないと銀行口座の開設ができないのか理解できません。

理由を教えていただくことはできますか?

女性行員さん

最近、日本語の理解できない留学生の方などが増加し、口座開設するのですが、その口座がマネーロンダリングに流用されたりしまして。

そこで金融庁からも、日本語が理解できない方には口座開設をしないように指導がありまして。

オト

その日本語ができないことと、マネーロンダリングに因果関係はないですよね?

だって、日本語流暢な外国人が口座開設しても、マネーロンダリングできるわけだし。

逆に日本語できることで疑われないから、日本語できる人を雇って悪用しますよね、普通。

女性行員さん

確かにおっしゃる通りでございます。

ですが、、、

オト

マネーロンダリングを阻止したいけど、有効な防止策は浮かばない。

そこで母数を減らすためだけに、日本語ができない人という線引きをした。

これ人種差別だと思うんですけど。

女性行員さん

確かにそういったお声を頂きます。

ですが、金融庁からの達しで、他行でも同じ条件だと思いますし、、

オト

いや、僕は全然納得がいかないです。

メガバンクの三菱UFJ銀行さんが、因果関係のない理論を持ち出し、人種差別みたいなことするのはどうかと思うのですが?

そういった意見があるにもかかわらず、改善しないままなのですか?

女性行員さん

おっしゃることは理解できます。

ちょっと上司と相談して参ります。

口座開設の条件は『夫の連帯責任』

僕は自分でクレーマーだとは思っていません。そもそも銀行側の筋が通ってないから起こっている問題だと思っています。

しばらくして、上司に相談してきた女性行員さんが戻ってきました。

結果として、夫である僕が口座開設に対して責任を負うこと。

そして運転免許証、健康保険証のコピーも取られました。

さらに必要書類には妻が署名していかなければ、ダメだそうで。

住所など漢字だらけなので、僕が白紙に書いた漢字を妻が真似して時間を掛けて書いていく。

そんな流れでなんとか口座開設の手続きを済ませました。

ちなみにインターネットバンキングには英語版はありません。毎回、僕がどうすべきか説明しています。

まとめ

今回のことで色々と再確認と学びがありました。

きっとこれから日本で生活していく上で、同じような問題は出てくるだろうなと感じています。

日本に住むなら日本のやり方に従うべきだと言う方もいらっしゃるでしょう。

僕も海外で住んでいたときに、そう僕に向かって言う方もいました。

でも逆に僕の気持ちを理解し、味方になって助けてくれた方もいます。

そういった方は必ず、同じ困難を経験してきた人。

僕もそんなときに味方になって、助ける側になりたいといつも思っています。

質問はこちらまで→お問い合わせ

同じくでした

Jさん

こんにちは、うちも妻が外国人で銀行口座を開設しようとしたところ出来ませんでした、、

自分は日本人で妻は外国人です。
妻の国で、結婚して現在は日本暮らし5年目です。
日本語はほとんど問題なくしゃべれますが。

楽天銀行には審査落ちしました(クレジット機能もキャッシング機能も無しで純粋にお金受け取りのための口座開設)

外国人の口座開設はなかなか難しいですね(^^;

結局言われるように旦那(自分)が責任をおうかたちみたいです。
自分が育児休業中なのも理由で、妻の口座が開設できないと言われました。

このブログを読んでいてふと思い出しました。
※ちなみに、ゆうちょ銀行は開設できました。

オト

外国人の口座開設はなかなか難しいですね(^^;

本当ですね。

でも、なんとか上手く状況を打破していくしかありませんね。